トップ > お役立ち情報 > マネーのミカタ お金のトラブル編 > 振り込め詐欺にあう

マネーのミカタ お金のトラブル編

振り込め詐欺にあう

「振り込め詐欺」の手口

■オレオレ詐欺

息子や孫、夫や弁護士、税務署の職員等を名乗り、「事故を起こした」「トラブルに巻き込まれた」「滞納金がある」などの理由で、「すぐにお金が必要」などと言って、銀行ATMを操作させお金を振り込ませる。

「電話をかけ直す」
「振り込む前に誰かに相談」

■融資保証金詐欺

雑誌広告やチラシ、ダイレクトメールなどで融資をすると誘い、「保証金10万円を振り込めば即日200万円の融資をする」などと言ってお金を振り込ませる。

「電話をかけ直す」
「振り込む前に誰かに相談」

■還付金等詐欺

税務署等の職員をかたり、税金の還付手続きなどと装ってATMを操作させて、お金を振り込ませる。

「税務署がATMの指示をすることはない」
「警察に相談」

■架空請求詐欺

アダルトサイトの利用代金など、ありもしない料金の未払い・滞納の連絡が入り、「払わないと訴訟になるが、今日中であれば間に合う」などと説明してお金を振り込ませる。

「心あたりのない請求には応じない」

注意
最近では犯人が現金やキャッシュカードを直接被害者の自宅などに取りに来たり、宅配便などを利用して犯人が指定した宛先に送付させるといった、振り込まない手口が増えています。

もしも、振り込め詐欺などの被害にあってしまったら…

振り込め詐欺などの被害にあってしまったら、「振り込め詐欺被害者救済法」により、被害金額の一部が戻ってくる場合があります。詐欺かどうか疑わしい場合は、お近くの警察へご相談ください。
※犯罪利用預金口座等に係る資金による被害回復分配金の支払等に関する法律。
  くわしくは預金保険機構、振込先の金融機関までお問い合わせください。

預金保険機構 03-3212-6029
https://www.dic.go.jp/index.html

このページのトップへ