トップ > お役立ち情報 > マネーのミカタ お金のトラブル編 > お金に困ったとき手を出す ①ヤミ金融

マネーのミカタ お金のトラブル編

お金に困ったとき手を出す ①ヤミ金融

お役立ち情報

「ヤミ金融」の手口

■システム金融

一度融資を受けると、裏でつながった業者から、次々と電話やFAXが届き、融資の勧誘をしてくる手口。

■090金融

電柱や雑誌の広告を使った勧誘手口。連絡先は携帯電話を使用して「無担保、無保証で即日融資、電話でOK」など言葉巧みに勧誘してきます。正規の業者が携帯電話を連絡先に登録することはありえません。

■リース金融

家具や自動車を一旦買い取り、貸与するリース契約を結び、高額なリース料を請求する手口。

■押し貸し金融

名簿屋などから仕入れた銀行口座に勝手に振り込みそのお金と高額な利息の返済を要求する手口。

■年金担保融資

年金を担保に融資をする手口。年金証書や銀行通帳、キャッシュ力ードなどを預けさせられます。

「貸金業者の登録番号を確認する」
「『自己破産者やブラックOK』『他店で断られた人』『いますぐ振り込みます』など他社より条件が甘くはないか確認する」

※「都(0)000***号」や「○○財務局長(0)00***号」といったもの。「都」「財務局長」の部分は都道府県や財務局の管轄によって異なります。

ソフト化するヤミ金融

暴力的な取立てを行わず、対応がソフトなヤミ 金融が増加しています。
特徴

親身になって話を聞く。

暴力的な態度に出ないので、被害者が警察に届けない。

このため被害届が少なく、実態が把握できないのですが、無登録業者・違法な高金利である以上、ヤミ金融であることに変わりありません。

このページのトップへ